米国政府閉鎖が仮想通貨業界に与える影響

議会予算の行き詰まりが差し迫り、さまざまな連邦サービスの閉鎖の危機が迫る中、仮想通貨業界と米国政府の取引は重大な岐路に達しつつある。 しかし専門家らは、たとえこうした問題が長期化したとしても、収束するわけではないと示唆している。

連邦政府による仮想通貨業界の最も差し迫った懸念には、ETF申請に関する米国証券取引委員会(SEC)からの回答、重要な裁判の進展、今後の仮想通貨関連法案の課題などが含まれる。 幸いなことに、これらの問題のいずれかが完全に脱線する可能性は低いです。

SEC委員長のゲーリー・ゲンスラー氏は、SECは閉鎖中は「骨格的な」スタッフで運営されると警告した。 これは、SECが米国の仮想通貨情勢を再構築する可能性のあるいくつかの裁判を進めながら、容易に取引できる仮想通貨ETFの将来にとって極めて重要な期限に直面しているまさにそのタイミングで起こっている。

SECには閉鎖に向けた業務計画があるが、通常は投資家や市場への差し迫った損害を防ぐ目的でのみ業務を許可している。 ただし、予約資金を使用するための予算の柔軟性はある程度あります。

過去には政府閉鎖中もSECは機能し続けており、今回も十分な資金が利用可能であれば機能し続ける可能性があることが示唆されている。

Business 2 Community 1

潜在的な希望の兆しは、SECの調査と執行活動のほとんどが一時停止される可能性が高く、現在監視されていない仮想通貨企業に一時的な救済を提供する可能性があることです。

連邦裁判所の領域では、徴収された訴訟費用に支えられ、通常の業務が数週間続くと予想される。 これは、SEC とBinanceまたは Coinbase が関与する紛争など、進行中の紛争は通常どおり進められることを意味します。 しかし、閉鎖が続けば、不足防止法に基づく作業量と人員の削減により、特定のケースの処理に遅れが生じる可能性がある。

幸いなことに、連邦刑事手続きは憲法で継続することが義務付けられており、刑事裁判は確実に進行する。 しかし、他の裁判所活動、特に破産裁判所においては若干の減速が見られる可能性がある。

仮想通貨業界にとって、FTX創設者サム・バンクマン・フリード氏の事件のような進行中の訴訟の結果は重要な意味を持つ。 これらの事件は、ロックアップされた資金を暗号通貨投資家に解放し、業界の将来の安定性に影響を与える可能性があります。

要約すると、米国政府機関の閉鎖により、仮想通貨業界と連邦機関および裁判所とのやり取りが混乱する可能性があるものの、おそらくペースは遅くなるものの、重要な問題は進展すると予想されます。

前の投稿

次の投稿